WiMAX2+の月額料金はどれぐらい?

Wimax2+の料金体系とは?
WiMAX2+の月額料金は基本的には2種類です。

データ量が控え目でコストを抑えたい人向けの「UQ Flatツープラス」と、月間のデータ通信量に上限がない「UQ Flatツープラス ギガ放題」です。

WiMAX2+は広告展開を大々的に行っているので、月額料金を目にしている人も多いと思いますが、実はお得割り適用後の料金が書かれています。そこで、ここではノーマルの料金も合わせて見ていきます。

「UQ Flatツープラス」の説明
まずは「UQ Flatツープラス」。このプランでは、当月の通信量合計が7GBに制限されています。それを超えた場合は、当月末までの通信速度が送受信最大128kbpsに制限されてしまいます。「kbps」ですからね、メールを送ることはできるかもしれませんが、動画は絶対無理です。アプリのダウンロードも不可能でしょう。

ほとんど知られていませんが、「UQ Flatツープラス」の基本月額料金は5196円です。これは期間条件なしの場合で、普通は2年契約で行います。このとき1000円割引され、4196円になります。さらに、新規加入者には最大25ヶ月間月額500円が割引され、3696円になります。広告でよくみる料金がこれです。

「UQ Flatツープラス ギガ放題」の説明
次に「UQ Flatツープラス ギガ放題」。こちらは月間通信量が無制限で、動画だろうと音楽だろうと、ガンガン使っても速度制限がかかりません。ただし、ネットワーク混雑回避のため、前日までの直近3日間で通信量合計が3GB以上となった場合、翌日にかけて通信速度が1~2Mbps程度に制限されます。この日におとなしくしていれば、翌日には制限が解除されて普通につながります。なお、この速度制限は「UQ Flatツープラス」でも同様です。

ギガ放題の月額料金は、2年契約が基本で4880円。新規加入者には最大25ヶ月間月額500円が割引され、4380円になります。さらに最大3ヶ月は「UQ Flatツープラス」と同額の3696円になります。どれだけ使うか分からないという人は、「UQ Flatツープラス ギガ放題」がオススメです。なぜなら、3ヶ月間は3696円なのですから。

この期間に自分自身の月間通信量を確認しておき、あまり使わないようならば「UQ Flatツープラス」に変更することも可能です。

どこで契約するかで契約内容やお金も変わります。
なお、WiMAX2+は@nifty、BIGLOBE、So-net、GMOのような老舗プロバイダから、ヨドバシカメラ、ヤマダ電機、ビックカメラ、エディオンなどの家電量販店まで、さまざまな事業者がサービスを展開しています。

キャッシュバックなどは多種多様で、それによって月額料金なども変わってきますので、契約の際は比較してみてください。

>>こちらのプロバイダー比較表を参考にしてください。

【スポンサードリンク】